初音ミクの色

‪自分の趣味のひとつに油絵がある。‬
‪油絵は高校から始めたのだが、初めは溶き油のなんとも言えない鼻につく香りやなかなか乾かないところにうんざりしてしまった。しかし今ではゆっくりと時間をかけて描けるというのは素晴らしいと思う。時間をかけるので愛着も湧く。先日何か新しく絵を描こうと画材を探したところ、いくつかの油絵具のチューブが無くなっていることに気づいたので、最寄りの画材屋に絵の具を買いに行った。品ぞろえがよく、こんなに細かに色を分ける必要はあるのだろうか?と思わせるほど沢山の色が並んでいる。どうせならいくつか追加で買っていこうと好みの色を物色していると、妙な名前の絵の具を見つけた。初音ミクの色。初音ミクってなんだったけ。ああそうか、ボーカロイドだ。懐かしい。これは何かのコラボ商品か何かなのだろうか。それにしてはパッケージは地味だし、あまり目立っていない気がする。緑とも青とも言えない独特の色だったので、これはおもしろいと購入し家に帰って使ってみることにした。いつも使っているペーパーパレットを机に置き、初音ミクの色のチューブを箱から取り出す。そこで奇妙なことに気づいた。チューブ自体がぬるい。普通なら金属を触れば冷たいと感じるはずだが、この手に持っているチューブは冷たくない。ほんのりと熱を持っている。不思議に思ったが大したことではないので無視して絵の具をパレットの上に出してみると、酷く色褪せた、濁ったような色だった。感触もブヨブヨとしていて弾力がある。まるで臭いのない腐乱死体だ。そう頭に浮かんだ瞬間、ああそうだったのかと納得する。死んだ。初音ミクはもう死んでしまったのだ。もうあの頃の元気な初音ミクはいない。全てデジタルの幻影だった。今ではこうして初音ミクの腐乱死体がかき集められてアートの材料として売られるだけなのだ。俺はひとりでそう納得して、チューブをパッケージに戻して棚にしまった。‬

唐突ですがいいですか?こちらの絵を見てください
f:id:kiwamono:20181109015003p:plain
エっっ……………???????めちゃくちゃ可愛くないですか?
長髪で前髪薄くて一重で拒食症みたいに痩せてて彼氏が大好きな男子ですが、良すぎる。勝利していいですか?

塗ってないやつも貼ります
f:id:kiwamono:20181109015443j:plain
いつかこの子と彼氏の漫画も描きたいですね


最近の絵、目付き悪がち
f:id:kiwamono:20181109015651p:plain
↑目から描き始めたら何故かこんな絵になってしまった。
あの子僕が生意気なオスケモノ後輩に何言っても口喧嘩で負けるから力づくで無理やり押し倒して口をいじまわして泣かせる性癖ロングシュートイラスト描いたって知ったらどんな顔するんだろう

f:id:kiwamono:20181109015800p:plain
↑背景は栄の路地裏の駐車場を写真に写して使った。壁の落書きのセンスほんとに好きなので1度壁に何か描いてみたい

f:id:kiwamono:20181109020003p:plain
フォスフォフィライト。フォスの表情えちじゃないですか…?逃げられないように四肢を隔離しておいた上で日中はシーツを被せておき、皆が寝静まった夜にだけシーツを剥がすと期待したような表情のフォスがこちらを見つめている…みたいな すみません想像は自由です

f:id:kiwamono:20181109045853j:plain
こいつの絵いつも薄暗い中女が棒立ちで煙草吸ってるな
すいません次からポーズとか工夫するので許してください




ここでデルタルーンの感想の時間です

TLの方々が突如いっせいに謎のゲームの感想を言い始めたのでアンダーテールのファンゲームでも出たのか?と思ったらガッツリ続編で驚きました。早速DLしてやってみるとなんとキャラメイクをさせられる。しかし体験版であることはTLで既に目にしていたので適当にポチポチ選びまくりハゲテールなアバター完成、さあデルタルーンの始まりや!と思いきやキャラメイクが破棄される。この世界では自分の容姿や能力を自分で選べないのだ。言われてみれば確かにそうだしやはり今作も作者Tobyfoxはゾッとするような性格悪い展開を用意してくれているのだろうかとワクワクしてくる。

ベッドから目覚めると…目付き悪!目隠れ美青年のクリスが今作の主人公だ。えっちやな
そしてなんとトリエルママが出てくる!ママ-!ここでてっきり前作アンダーテールで地底世界からモンスターが脱出し地上で人類と共存した後のお話なのかと思ったが、てっきり違うようだ。作者いわく"パラレルワールドのお話"らしいが、やっぱり作者が作者なのでgasterとかsansとかその辺の謎を盛り込んでくるに違いないと見込んでいる。ネタバレになるのであまり内容には触れないがダンジョン内で携帯電話使ってみたらgasterの声が聞こえた時はFUN値イベントなのか!?とビックリした。最初のキャラメイクでgasterと打ち込むと前作同様ゲームが落ちるらしいし、街の南の森の下の謎の扉を調べた時の謎の音を6.66倍速再生するとgasterの音になるらしい(作者どんだけgaster好きなんだ…)

それにしてもスージィ可愛いよスージィ
f:id:kiwamono:20181109045328j:plain
スージィはほんとは一緒に悪さする友達が欲しかったんですよねだからこそランサーと仲良くなったしランサーがほんとに危ない時は本気で守るっていう ママじゃん これはママだ

あの子背が伸びた今の僕を見たらどんな顔するんだろう/僕は背が伸びた今のあの子を見たらどんな顔してしまうんだろう

地下鉄のホーム、車道を挟んだ向かいの歩道、通学路だったあの道、マンションの前、僕は黒髪を伸ばしている女性を見るとついかつて彼女だったあの子を幻視してしまう。


あの子は当時小学生だった。華奢な体に小さな手。声は落ち着いていて、いつも何かを話していた。
小学生の僕は絵をかく少年だった。休み時間はいつも自由帳に迷路を書いたり当時好きだったアニメの落書きをしたりしていた。彼女も絵を描いた。2人は共通点が多かったのだろう。いつの間にか両思いになっていた。ある日、休み時間に彼女がおもむろに僕の席に近づいてきて、突然好きです付き合ってくださいと告白した。僕はOKして、2人は小学生なのに付き合うことになった。隣にいたり、照れながらお互いに質問しあった。手も繋いだ気がする。キスはしなかった。関係は中学生になるまで続いたが、僕は中学生の頃からアトピー性皮膚炎が酷くなり、内向的になっていじめも受けた。
変わった自分を見て彼女の想いも変わってしまった。彼女は僕と話すことすら拒絶するようだった。
クラスが変わり、顔を見ることもなくなってこの関係は終わってしまった。








それから7年が経った。それでも僕は未だ彼女の事が好きだ。あの綺麗な長い黒髪、小さな手、綺麗な瞳、歩き方、赤らめた頬から伝わってくる熱。彼女はかつて私のどこが好きなの?と質問してきたことがあった。そんなもの全てに決まってる!どんな酷いことをされてもどんなに汚い姿を見ても、何をどうやったってどうしたってどうしようもなく愛してしまう自信があった。僕は彼女のことが大好きだ!

しかしもう7年も経ってしまった。彼女はもう自分のことなんてとっくに忘れてしまっただろう。背だって伸びただろう。手だって大きくなった。そして新しく恋をしたかもしれない。僕のことなんてすっかり忘れて、結婚して、子供も出来るのかな。そして絶対に幸せになるんだろう。必ず。







それでも僕は未だ彼女の事が好きなのだ。どんな美人に告白されても、この想いは拭えないだろうという確信がある。

もし再び偶然会ったらなんて言えばいいのか?
「僕はあなたのことが今でも好きです。」と言うのはなんだか本心ではない。
どちらかというと「僕はあなたのことを憎んでいます。」のほうが近いかもしれない。

拝啓 あの子、僕はあなたのことを憎んでいます。 敬具
僕は背が伸びた今の君を見たらどんな顔をしてしまうんだろう

保健の先生のお仕置き

f:id:kiwamono:20181104004902j:plain
自分が小学校低学年の頃の話…
当時の保健の先生は一言で言うと美しかった。
セミロングの黒髪に黒縁の眼鏡、常に白衣をまとっていてとても美人だった。しかもとても優しく、男女分け隔てなく丁寧に接するので皆に慕われていたのだが、やんちゃな子には独特のお仕置きをする人だった。ヘッドマッサージャーは知っているだろうか?棒の先に放射状に広がる金属線が付いていて、上下に動かすことで頭皮を刺激し、独特のゾワゾワするような快感を与えるマッサージ器具だ。その先生のお仕置きの内容はおいたをした生徒を椅子に座らせ、暴れないように体を密着させ、そして面白がるようにヘッドマッサージャーで頭を撫でるというものだった。小学生の敏感な感覚には刺激が強いらしく、それをされるとどんなやんちゃな子でも刺激に悶えて、大人しくなった。
自分は小学生の頃からやんちゃとは対極の大人しい子だったため、一度もそのお仕置きを食らうことはなかった。…しかし、自分はそのお仕置きをされたかった。
美人で大人しい先生が見せるあの顔、きっと良いのだろうと感じていたのだ。そこで、放課後自分は保健室に行き、先生にお仕置きを頼んだ。先生は少しだけ困ったような顔をしたが、まあまあ乗り気でお仕置きを始めた。
椅子に座った自分。先生はしゃがみ、肩に左手を乗せる。緊張して少し下を見つめる自分。先生の顔が目の前にあるせいでもあった。先生は右手に持ったヘッドマッサージャーをゆっくりとつむじに押し当てて、それを一気に引き下げる。ゾワッ!とする快感が後頭部から背骨に流れる。脳の後ろの部分がとろけ、瞼が落ちる。先生は自分の反応を面白がるように少しだけマッサージャーを上にあげる。
自分はそれにつられるようにやや体を仰け反らせて、ピンと背筋が伸びる。「くすくす」 先生は淫靡な笑みを浮かべながら何度もマッサージャーが上下する。時折回転させて、まだ触れられていない敏感な頭皮も全て犯していく。自分は何度も襲いかかるゾワゾワとした快感に悶える。体をくねらせる。それを押さえつけるように先生はぼくの肩をより強く押さえつけて、体を密着させる。唾液が分泌される。頭の後ろの方がずっと感じている。何度も何度も上下は続く。早く終わって欲しい。でも永遠に続いて欲しい。胸が密着する。先生の顔。ぼくを見つめている。

「はい終わり!」

先生はヘッドマッサージャーを引き抜くとそれを棚にしまい、いつものように上品な笑顔をぼくに向ける。ぼくは足が少し震えて、歩き方がすこしぎこちなくなっていたが、強がって何ともないように先生にお礼を言って保健室を去り、家に帰った。

それから数年後その先生は他の小学校に言ってしまった。だが自分はそのときのなんとも言えないゾクゾクした快感、先生のあの目、顔、細い指が肩を押さえつけるあの感触まで今でも忘れたことはない。

この思い出はさっきお店でヘッドマッサージャーを見かけて思い出した。そして先生が使っていたのと同じ金属製のものを買って使ってみたのだが、あの時のあの快感は感じられずガッカリした。

湯の山温泉街廃墟群①旅館 杉屋

てくのてぃっしゅです。
大学も後期になり、だいぶん慣れてきました。

すでに築かれているサークルや同好会の上下関係や人間関係が嫌すぎて廃墟同好会を作ったのですが、人数が続々と増えてきてとても嬉しく思っています。twitterのように希薄な関係でありながらtwitterよりダイレクトな話ができるところはなかなか良いんじゃないかなと思っています。来るもの拒まず去る者追わず・・・


さあ今回行ったのは、三重県湯の山温泉付近の廃墟旅館です。4軒探索しましたがそのどれもが規模が大きく、最後のほうはカメラのバッテリー切れと疲れでまったく写真撮れませんでした。せっかく行ったのに写真を残せなかったのは残念ですが、はじめのほうはやる気満々でいい感じの写真撮れてました!家に帰ってきて撮った写真を確認する時間たのしい。実は動画も結構撮ってたんですよね。動画で聞く自分の声ヘタレてて嫌い・・・ですがせっかく撮影した以上編集して見れるモノにしてこのブログに貼り付けたいです。それでは探索を開始していきましょう。

続きを読む