kiwamono's diary

テクノロジーによるシコティッシュの一覧

うんこ、カレー、引きこもり

大学は多様な価値観と触れ合う場所と言われるが大体それを意識する奴は少数派である。多数派は自分達の所有する価値観について疑問に思いにくいからだ。

少数派であることを意識するほど多数派との触れ合いの中で価値観のズレを見出してしまい、そこから抜け出す事が難しくなる。みんながカレー食ってる中うんこ食ってるようなもんで、そりゃ「こいつらカレー食ってんのになんで俺うんこ食ってんの??でもうんこ好きだし…」と思うのは当たり前だ。

もちろんうんこも美味いかもしれない。でもカレー食ってる奴らが「カレー美味いよな!」って言ってる中に「俺はうんこが好き!」ってアピールするのは良くない。そして「あいつうんこなんて食ってんの!?」って拒絶するのも良くない。「絶対食えば分かり合えるって!」とお互い好きでもないものを食わせ合うのも良くない。ズレは直らないので必ずどちらかがどちらかに合わせなければいけなくなる。そしてそれは大抵少数派側だ。必要なことはお互いに尊重することであり、これが多様な価値観の存在する社会に必要なことだ。「あいつはうんこが好き」「おれはカレーが好き」そういうふうに個々が独立した感覚を持ち、自分の価値観を相対的に把握出来て尊重できるのが理想だ。本当は誰もが価値観が違い、うんこ味のカレーが好きなやつもカレー味のうんこが好きなやつもいるのだ。

そもそも何故人は会話出来るのか。言語にしても、例えば犬を伝えるのには「犬という漢字やいぬという発声」のシニフィアンと、実際に現実に存在する犬というシニフィエが結びついていなければならない。同じ言語を話す人間同士だってそうした脳内の語彙の個人的な辞書には多かれ少なかれ違いがある。それを細かく確認し、質問し合うことでお互いのコミュニケーションは成立し、会話が成り立つ。その確認作業が大変な相手とはコミュニケーションは成り立ちにくい、これは価値観の話に似ている。統合失調症の症状には造語というのがあり、脳内でできた言葉を平然と他人に向けて使うことがある。そんな相手とはコミュニケーションが成立しない。自分と他人を言語的に区別できなければ、他者とのコミュニケーションに必ず感覚的な拒絶を抱いてしまうのだ。そして引きこもりが完成する。大切なのは自分と他人は全く別の存在であり、頭の中の個人的な辞書は必ず人それぞれ異なっていると意識することだ。そうすれば多数派はいない。少数派もいない。目の前のひとりの他者とまともに向かい合うことができる。そこを間違えるとセカイは自分vs自分以外の「みんな」になる。個人と向き合えないから「みんな」という曖昧な概念に怯えることになる。「お前はみんなから嫌われているぞ」「お前はみんなの中に入っていけない」 みんななんていうのは自分が作り出す集団の仮想敵なのだ。

人と向き合うのは難しいことで、楽しいけど傷ついたりすることもある。しかし人と向き合わず孤独を背負うのはとても辛いのだ。

まずは近くの人に挨拶するところから全ては始まる。さあ話しかけよう!

「うんこ食うの好き?」

合法瞑想体験

この世の全て知りたくないですか?俺は知りたい。という訳で合法の瞑想をしてみる事にしました。結果仏教が何やってるのか大体理解する事に成功しました。という訳で初めから書いていきたいと思います。

 

*使用を推奨している訳ではないので入手に関しては伏せます。欲しい人はキムギニョンにアマギフ渡して教えて貰ってください。

 

使用したのは0:30頃。作用時間の持続(1枚で9時間程度)が怖かったので1枚の瞑想を半分に切って舌の裏に入れました。こんなちっこい瞑想で効くのか?と思いましたがとりあえずベッドに寝転がって効き始めるのを待つ。30分。40分。60分。この辺りで「やっぱりあんなんじゃ効かないんだな…」と切ったもう半分も食べましたが今考えるともうこの時点で大分効いてた。作用中にオシッコを我慢したら大変かもしれない!と空のペットボトルに済ませたり、性欲が邪魔かもしれない!とオカズも無しに一心不乱に扱いて射精、ティッシュに包んでそのままゴミ箱へ入れる。ベッドに寝転ぶ。キマってる時は一応理性は残ってるのに、おかしいことをしてもそれがおかしいと自力で気づけないんだなーということがわかる。怖いですね。「今の俺はキマってるのだろうか?それとも偽物を売りつけられたのか?」とぼーっと窓を見つめているとカーテンがモヤモヤ…と蠢いている。薬物に理解ある友人に「カーテンが溶けてる」「多分キマってきた?のはわかるけど」「まだ完全には入ってない」とLINE。(嘘つけガンギマリだ)  以前にゃるら氏がアワヤ〇カのお茶でTwitterのタイムラインの青い輝きに美しさを感じていたのを思い出しTwitterを開いてみる。するとアート作品で赤と青のモヤモヤのようなものが書かれた絵を見つけ、開いてみると…めちゃくちゃ蠢いてる!モヤモヤの形それぞれひとつひとつに意味はないはずなのに、脳がリアルタイムでそれらの形がなんなのか解釈しようと試みている感じ。キリスト教の宗教画のようにモヤモヤが筋骨隆々の天使の姿に見えた。なんて神々しいんだ…そして半透明の膜が浮いているように思えた。友人にLINEを送る「めっちゃうごめいてうえ」「名画すぎる…」「名画って基本動くの?」一度Twitterを閉じて窓を見ると明け方の空が驚くほど青く、蒼く美しく輝いていた。これが4:20頃。身体が少しビクビクしはじめる。手が震えてうまくタイピングができない。少し歯も噛み締めてしまう。しかし後遺症は残らないのでこの辺はまあ我慢すれば問題ない。その旨をLINEで送ろうと開くとLINEのメッセージが回転してる。なんだこれ?と思う自分を自分が見てる。そういう自分を自分が見てる。これってどういうメタ構造?Twitterに投稿するとフォロワーさんが俺がキマってることを見抜きリプライをくれる。俺は感動する。みんな繋がってるんだ、インターネットで…そして導いてくれるんだね。俺は心からフォロワーに感謝した。喜びで身体が引き上げられる。内臓に浮力。変性意識状態で絵を描くと面白いですよと言われたので早速ipadで絵を描いた

f:id:kiwamono:20190701090635j:image

赤色の上の黒色の文字がフワフワ動いたり色が虹色に分離したりして感動する。しかし絵のクオリティとしては何も考えず描いたなーという感じ。写真フォルダを開き色んな画像を見てみる。人の顔を見るとやはりパーツごとに蠢いている。2次エロ画像はgifみたいにちゃんと動いてくれる。

f:id:kiwamono:20190701091011j:image

この画像をみて「風が吹いていますね 風景の 画層の 色んな色の重なる  マジで美しいです」とツイート。(5:36)

 

音楽を聞いてみると音楽の音のエッジで身体が変形する。空間の中に色の束が見える。赤色、黄色、青色…それぞれの色が束とか糸になって空間の中をさまよってる。手を動かすとそれを動かせた。これが「気」なのか?ゆっくり両手を動かす。まるで舞だ。そうか、舞とは空間の中で自分と空間と音の境界を捨ててひとつの動きになることで音楽と化す技術なのかと理解する。この身体は自我と宇宙の中で思考を通す管のようなものだと理解する。この宇宙は色の束で出来ておりそれの振動を各々が宇宙があると認識していると理解する。時間軸は一定でなく、思考の渦は過去と未来の区別を捨てて3次元の空間に多次元を投影するように存在すると理解する。(何故音楽は一方向への時間軸で構成されてるんだろう?と疑問に思う) この宇宙は自分の認識するものしか見れない。なんてくだらないんだろうと思う。

思考が良くない方に向かうと乳首とちんこをいじって修正してた(電車でGO!)はたから見たらシュールすぎるが内面世界ではかなり大変だった。良くない想像「してはいけないと考えるほど出てきます」自我「ウオオーーーー」乳首いじいじいじいじいじいじ(軌道修正)結果嫌のものは見なくて済んだ。乳首は偉大。

余裕があったので催眠音声を聞いてみることにした。体を動かすのも億劫だったが頑張ってみる…双子催眠、これにしよう…すると感動した。導入前なのにもうズーンとハマっている。俺より若い女の子達が俺の変性意識状態の事全部理解してくれてるっ!と感動した。しかしもうハマってるのに導入させてくるのが長ったらしい(時間感覚の歪みも影響してると思う) 後半にシークバーをずらすといきなり両耳をめちゃくちゃ舐められてビックリした。お前初対面だぞ?いきなり耳舐めてくんじゃねえぞ…まあ聞くけど…でもあんまり気持ちよくなかった(やっぱり導入ちゃんとするべきだった) 

朝方トリップを抜かなきゃと思ってまたオカズも見ずに射精する。そして入眠を試みるが深く眠ることができない。その日1日怠くてあまり眠れなかった。ここら辺は次回以降どうにかしないといけないと思う。そういう訳でトリップは終了した。とても面白い体験だった。

 

仏教がなにやってんのか完全に理解しました。仏壇はあれ例えるならインターネットのルーターみたいなもんでチーン!ってなる奴の高周波で意識を変性させてます。生きてる時は意識の依り代は身体ですが、死後は何かものなどに移るか宇宙に拡散し、仏壇はその依り代として機能しうるとも思った。仏壇重要です。そして最終的に執着を捨て去れるように出来ているのか。素晴らしいですね。他の宗教もなんとなく頭でなく心で理解できるようになった気がします。死もそこまで怖くはなくなりました。

 

そんな経験が合法で出来てしまうんだから嬉しい限りですよね。オウムも成功するわけだこんな効いたら…使用は決して推奨しませんが。

meme archives

f:id:kiwamono:20190615173710j:image
f:id:kiwamono:20190615173704j:image
f:id:kiwamono:20190615173721j:image
f:id:kiwamono:20190615173713j:image
f:id:kiwamono:20190615173718j:image
f:id:kiwamono:20190615173707j:image

 

エロ漫画表現ってかなり天才的なのに全く評価されない。そもそも日本の所謂オタクカルチャーやキャラクターも歴史があるのに評価しにくい風潮がある。ahegaoとかkawaiiとかSNSで海外に発信されてそこそこ面白がられたのに日本人はあまり面白がらない。多分エロ漫画が規制されてしばらくしたら日本でも価値は周知されると思う。失われないと価値が気づかれないものは結構あり、失われることで思い出だとか希少性だとかで付加価値が付くことは多い。アヘ顔がどれだけ面白い発明なのか気づかれるのは割と先なのでは。普通アヘ顔なんてしないでしょ、しかしエロ漫画では当然のように行われ、しかもそれをエロいと感じさせる。凄い記号です。でもそれ単体じゃアートの作品としては成り立たないだろというツッコミは置いておき、アメリカの金持ちの家の壁にクソでけえアヘ顔の絵が飾られたら…面白い!アへ顔の絵にウン億の価格が付いたら…もっと面白い!真剣な顔したキュレーター達がアへ顔眺めて価値を考える。面白すぎる。おじいちゃんおばあちゃんがギャラリーに飾られたでっけえアへ顔を見て何を思うかと考える。非常にワクワクする。広いホワイトキューブの壁をアへ顔が埋めつくし、鑑賞者が四方八方からアへ顔に見つめられるのを想像するとドキドキする。初めて本屋のアダルトコーナーに入った高校生の気分になるだろうか?それとも一切意味のわからないものを見せられて退屈でイライラした気分になるだろうか?とにかく「これはアートです」という前提でアへ顔を見る鑑賞者のことを考えるとウキウキしてくる。おわり

コンサータ1週間継続して飲んでみた感想

講義中数分ごとにTwitterを見たり、唐突に自力で無から火を起こしたくなったり複数人で話しているとき全く話についていけなかったりする事がある。というか小学生の頃からそんな感じのことはあってそれが普通のことだと思っていた…がどうやらそれは違っていた。それが結論だ。

 

先週メンタルクリニックに行った。上のような変人のレッテルで片付けられるようなのは別に生活に直接的な害はない…が併発した睡眠障害に困っていたのだ。どうすれば眠れるのか分からず、とりあえず横になって目を瞑るも脳の中が全く寝てくれない。早朝にやっと気絶するように意識を失える。目が覚めると昼~夕方になっている。これは生活に支障をきたす!なので抗ヒスタミン薬(副作用が強い眠気)とカフェイン錠剤(覚醒作用)を自由に使いこなして意識をコントロールしていた。しかし抗ヒスタミン薬は耐性が付きやすくカフェインだって依存性がある。眠れなかった朝は絶望する。今日は何回不注意とジャーキングを繰り返すんだろう?現実はコピー/コピーの/コピー の/コ ピ ー …みたいに曖昧になっていく。そういうわけでメンタルクリニックに申し込んだ。予約は通った。

 

メンタルクリニックに初診を申し込むとなんと待ち時間に木を描くように指示された。精神分析によくあるあれだ…あえて細く枯れた木を描いてうつを疑われてみようかなと思ったけどめんどくさかったので病院に来るまでに見た適当な木をそのまま描いた。そしてそれを事前に書いた問診票と共に提出した。医者と対面。現在の症状について5分程度話すと速攻で「眠れる薬と起きてられる薬を出すね」と言い速攻でコンサータ18mg(ADHD治療薬)とルネスタ2mgを処方される。普通初診で出すか?と思うがそれほど俺の状態が決定的に不定型だと見抜いてくれたんだと思う。その日も朝眠れなくて疲れていたし…

 

その晩ルネスタを1錠飲んで眠った。そして朝起きて軽く朝食を食べコンサータを飲む…そして1時間程度経ち、あまり効果はないかな…?と思いながら大学へ向かうとなんだか意識がさっぱりしてくる。講義室の前方に座り、講義が始まる…なんだかいつもと違う。体が動かない。貧乏ゆすりが起きないのだ。スマホだって触らなくていい。お腹のそこに根っこが生えたみたいに、腰を鉛で固めたみたいに体が落ち着く。しかも講義にめちゃくちゃ集中できる。こ、こ、これ、これが普通の人の感覚なのか……と感動した。頭も回る。話がどんどん頭に入ってくる。なんだか気分もいい。その日は本当に何をしても感動の1日だった。ただし副作用はすぐにきた(食欲不振、頭痛) 性欲も少し薄れたが勃起機能は正常。

 

それから毎日飲み続けた。たまに効いてこないな…って日もあったけど基本的には効いた。夜もまあまあ寝付けた。衝動性と多動性がバッチリ沈静している感覚がある。まあ俺は自閉も入ってるから全くの健常者にはなれず、どこまでいっても人間に擬態する宇宙人の感覚は消えないんだろうがそれでもこれで多少苦しみは落ち着いた。

 

ところでものの見方が変わってきた。例えば喫煙者だ。彼らは何も煙草を吸って副流煙をばらまこうだと健康を害そうとかそういうことは考えちゃいない。それどころかだいたい吸おうという決意もあんまりない。意思より身体が煙草によって得られるドーパミンを求めていて、そのため脳は神経を通し筋肉に煙草を持ち上げてライターを着火させるよう指示し、本人はそれに従うばかり。酒だってそうだ。意思じゃなく身体が求めて飲む人はいる。文化としての酒でなくアルコールで酔うために酒を飲む人。あとゲームなどに依存するのもそうかもしれない。自分は薬を飲み始めたらそれらに依存しなくてもいいような体調になってきた。とにかく依存体質というのは本人が悪いのではないのだ。報酬をだし渋る脳が悪い。悪い脳め、ペチッペチッ(前頭葉を切除する音)

 

というわけで困ってる人は気軽にメンタルクリニックにいったほうがいいと思った

 

(19年9月現在服用はやめた。副作用がきつい。効果が切れかけてくると精神的な落ち込みがくる。なので本当に必要な時だけ頼ることにした。それより睡眠を改善するべく筋トレを行いいい睡眠がとれるように頑張っている)