トトロの家(廃墟探索)

てくのてぃっしゅです、こんにちは。

最近ブログのほうを更新していなかったので更新したいと思います

今回は廃墟探索についての記事にしたいと思います。

トトロの家(通称)です。撮影してきた画像が多くのっているのでネタバレ注意です

 

トトロの家って何?という方はまずこちらをどうぞ。場所や情報が載ってます

トトロの家 - 廃墟検索地図

 

探索したのは結構前です。

田園地帯を自転車で走っていくと・・・

f:id:kiwamono:20180730224148j:plainん?何か場に似つかわしくない林が・・・?

f:id:kiwamono:20180730224239j:plain近くまで行ってみると林の中に建物があることがわかります。

正面から見て左側に廃工場、右奥側に家がみえます。

周りには畑ばかりですが一部工事現場があります。探索した日は偶然工事は休みらしく誰もいなかったので安心して探索できました。

 

正面の門は固く閉ざされていますが、そのすぐ左に人一人通れる分の隙間が空いてました。ガバガバ過ぎる、それでいいのか?

入って左側を向くと工場があります。一度焼けているのか外装はボロボロ、割れた窓と錆びた門が出迎えてくれます。

f:id:kiwamono:20180730224921j:plain

さあ中に入ってみましょう!一歩踏み出す勇気が物事を楽しくしてくれます。

もう身の安全は誰も保証してくれません

f:id:kiwamono:20180730230811j:plain

真っ暗です。フラッシュ炊いてこんな感じです。ライトは持参しましょうね!

f:id:kiwamono:20180730225630j:plain

廃工場内には瓦礫の山と、そして何より目を引くこの車がありました。

ほかのブログの情報によると溶けてしまったヘッドライトや車体のボディ形状からして、トヨタのタウンエースバン(1982-1996年)の前期型っぽいらしいです。

f:id:kiwamono:20180730225900j:plain

この廃墟もそれだけ古いものなのかもしれませんね。

乗ってみようかなと一瞬思いましたが錆だらけで非常に危険なのでやめておきました。自分はお尻がsoft&wetなので・・・

f:id:kiwamono:20180730230051j:plain

このフロアの奥には鉄の階段があり、強度がしっかりしているので上ることができました。

f:id:kiwamono:20180730230352j:plain

何にもないな・・・と思ったら何かが壁に貼ってあります。

近づいて見に行きましょう

f:id:kiwamono:20180730230540j:plain

えっ・・・・

 

俺は廃墟撮りに来ただけで心霊要素は求めていないんだがが

以前にyoutubeでみたトトロの家を撮影してた人の動画にはこんなのなかったような気がしますが、なんなんだ・・・

 

これで廃工場内(というかガレージとして利用されていたようでした)の探索は終了したので次は一度工場を出て、入り口から右の奥の竹林を抜けて家までいきます。

行ったのは秋でしたが異常に蚊がいたので夏場に行く場合は虫よけを推奨です。

f:id:kiwamono:20180730231421j:plain

これが家のほうの玄関です。大体2mくらいあります。かなりでかくて高級感漂っております。鍵どころか扉さえないバリアフリー構造と化していますが・・・

 

中に入ると・・・部屋が広い!旅館にきたような気分になりました。しかし廃墟の醍醐味の家具やゴミが一切ありません!木造なのにあまり腐っていないし、床板が剥げて床材が丸出しになってトラップと化しているくらいしか廃墟っぽくありません。

住もうと思えば住めそうです。電気通ってないし水も出ないし虫が多いので僕は住みませんが・・・

f:id:kiwamono:20180730231802j:plain

f:id:kiwamono:20180730232158j:plain

えっ!?もうひとつ建物がある・・・しかもそっちはマジで損傷なくて布団持ってきて寝れそうなレベルです。縁側には日が当たって落ち着ける快適空間が構成されています。

一切荒らされていないのが逆に無機質で不気味です。心霊スポットと呼ばれる理由かもしれません。

手前のコンクリートの階段を上るとテラスがあり、田園風景を一望できます。

 

トイレもありました。洋式でした。

f:id:kiwamono:20180730232521j:plain

お風呂もありました。立派な家なのに人一人しか入れない小さいお風呂で少しがっかりです。狭いし・・・

f:id:kiwamono:20180730232551j:plain

 

以上がこの廃墟で撮影した画像でした。

退廃的というよりかは無機質で吸い込まれそうな雰囲気のある不思議な廃墟でした。

コンクリートむき出しの部分も多いので撮影には向いているでしょう。

それでは~