kiwamono's diary

テクノロジーによるシコティッシュの一覧

ポケットモンスター夏の暑い日の夕立の気配を背中で感じた山の中おじいちゃんの家まで走って帰った日/夕立の後なんともなしに歩いた暗い森から香る雨に濡れた土の匂いとカエルの声

桜、撮ったまま忘れて放置してた

f:id:kiwamono:20190502192011j:image
f:id:kiwamono:20190502192014j:image
f:id:kiwamono:20190502192018j:image

 

【南米の鬱病患者の特徴】

・踊るとき腰がふれなくなる

・マラカスひとつしか持てない

・本を読み出す

 

 

盛り上がるなか唐突に谷山浩子の怖い曲を流してくるDJの異端児

 

寂しい時もどんなときも深淵だけは必ず俺を見てくれてた。深淵と結婚しようかな

 

朝目が覚めても続くものが嫌で、それでも質のいい犬を次の日もその次の日も揉み続けられるならそれもいいかなという気分になる いつか死ぬが…

 

通信制限になってしまった。もう何も満足に読み込めない。この世の全てがバーチャルになった後も底辺労働層は通信制限により自由を奪われるのを想像した。バーチャル沖縄でビールを飲むことができない。バーチャル猫に教育することができない。バーチャル風俗でAIに奉仕されて、娯楽はそれでおしまいだ

 

バファリンの成分、半分は優しさって言われてるけど実はおばあちゃんらしいです  残り半分はおじいちゃんです

 

今使ってるワイヤレスイヤホン、接続が切れたりすると女性の声で「接続が切れました♪」って言ってくれるんだけど意識抜いてる時にそれをされるとマジで背筋がゾクゾクゾクゥ!?ってなるからそこだけは勘弁して欲しい、催眠に入りそうになる

 

これから子供を作る事ができるという可能性を所持しているので「これから産まれてくるかもしれない赤ちゃん」からの無限の感謝が俺という個体に収束している

 

キリスト教徒の大乱交、赤ワインの浣腸で悶え苦しめ!賛美歌聴いて乳首を弄ると直腸から流れ落ちる純血の白、白、精液!ザーメン!断髪せよ断髪!後に残った張形が積み重なって後世に残る十字架になりました………………

 

 

 

あるある探検隊!とあたまがおかしくなる!て似てる。自分も何かになれるはずという可能性が出来るほど「出来なかった時」「何かに成れなかった時」の自分への失望と失った時間の喪失感に胸が締め付けられる。こんな思いをするなら可能性なんて無い方がよかったと思う。可能性もクソもない社畜になりたい。そしてそんな環境に文句を言って缶珈琲と煙草で苦痛を飲み込むような底辺でありたかった自分もいる。あたまがおかしくなる!あたまがおかしくなる!

 

平成が終わると聞いても何もワクワクしなかった。時間はただ過ぎていくもので、日時はそれをただ区切るものに過ぎない。今でも24時間が1日だというのに違和感がある。24時間のうち3回も食べ物を食べて栄養を接種する食事という行為にも違和感がある。曖昧で神秘しかなかった原始を少しずつ切り崩して文明が生まれたけど未だに身体とシステムが一致していない気がする。今がまだ原始の時代だったら自分は夜に罠の見守りをして気まぐれに絵を描いていただろう。そして食べたいときや食べ物を見つけた時に食事をしているはずだ。つまりは深夜徘徊である。ウホウホ。平成31年4月31日深夜、駅前のコンビニでシャンメリーを発見。安売りされていたので買ってみた。クリスマスしか飲まないので変な気分だったけど、そもそも祝うべき改元なんてみんな初めてで変な気分だったはず…令和1年5月1日、シャンメリーの瓶を捨てるのがめんどくさい事に気づく。イエーイ、さらば平成、後でやっぱり寂しくなっても戻ってきたりするな