kiwamono's diary

Twitter→てくのてぃっしゅ@TechnoTissue

Twitterが制限された…ので5/3したかった呟き

 

f:id:kiwamono:20190503200332j:image

Twitterにこの絵を投稿した直後…

反出生主義ツイートが通報されたのか?Twitterを開いたら警告画面が出てきた。「お前はルールに違反した。今ツイートを消せばTwitterアカウントを殺すまではしないぞ」…やむなく該当ツイートを削除する、しかし機能制限のペナルティはあるようで、なんと1週間もTwitter機能を利用する事ができない(ROMはできる) そんな…

という訳でツイートしたくなった内容は普通にブログで書くことにする。

 

今日は吹上ホールにて行われている名古屋骨董祭に行ってきた。真剣や火縄銃、鎖鎌、短刀など本物の武器が大量に売られており衝撃だった。刀は30~80万、火縄銃は15万くらいだったような。決して高い値段ではないだろう。

f:id:kiwamono:20190503193956j:image

f:id:kiwamono:20190503194010j:image

いくつか手頃な折りたたみナイフを手に取って開いた刃を見てみると綺麗に研いだ痕跡があった。過去に使われていた証拠だろう、ガチだ、ここはガチのものを売っているのだ…と確信し気が引き締まった。全ての物が本物で歴史があるものなのだ。ふとスペースの奥の方で古書を売っていることに気付く。今の時代では児ポ扱いで出版できない写真集などないかな~と探すがなかった。横に絵葉書コーナーがあった。実際に送られたりした絵葉書。諦めず写真付きの絵葉書からロリを探してみると、あった

f:id:kiwamono:20190503195003j:image

可愛い…謎の魅力がある。裏面も見てみる

f:id:kiwamono:20190503195046j:image

送り主の書いた文章がある。それを読むと色々とストーリーが想像できる。どんな人物だったのか、どんな関係だったのか、そんなことがぼんやりと思われる。想像力を制限するので自分がどんな妄想をしたかはここには書かないけど。思えば誰かの手紙を読んだことなんて初めてだ…素敵な世界だ。関係ないけど岐阜県には銃殺の家という廃墟があり、そこには父を銃殺し保険金を得ようとして捕まった母から子への手紙がそのまま置いてあるという。いつか読みに行きたい。今日ツイートしたかったことはこれくらいか…おわり