kiwamono's diary

Twitter→てくのてぃっしゅ@TechnoTissue

トリエンナーレ、現代美術、ポプテピピック

「現代芸術かなり好きなので、昨今話題になる現代アートの周回遅れ感はどうもつらい。何をやってもデュシャンやウォーホルの焼き直し。その一方で仮面ライダージオウが平成の現代芸術として凄い事やったし、そもそもここ数年で最も現代芸術だったのってポプテピピックだし…」

「思うに、日本の場合はギャグ漫画がかなり現代芸術の役割を担ってるんだよね。」

こんなツイートがTwitterのタイムラインに流れてきたときは心底アホかと思った。だってアニメじゃん。アートじゃないじゃん。しかし少し時間を置くとなんだか納得できる気がしてきたのでブログに書いてみることにした。今回はそのツイートの文脈に沿いトリエンナーレのレポも書く。


8月1日あいちトリエンナーレ2019が開催されたが、その中で政治的に偏った展示を行っているという疑いがかかり、あらゆる作家が言及して対立・炎上するインターネット地獄が発生した。「表現の不自由展・その後」という名前で元慰安婦を象徴する「平和の少女像」や昭和天皇の肖像を燃やすような動画作品などを展示するその企画はたったの数日で展示取りやめとなった。

その8月1日、Twitter慰安婦像が展示されているという情報を目にした私は「え!絶対すぐ見れなくなるやつじゃん!キャッキャッ」と嬉々として見に行っていたのである
f:id:kiwamono:20190811180437j:plain
入り口にはこのように「展示終了までSNSへの写真の投稿禁止しないでね」と注意書きが。
f:id:kiwamono:20190811180651j:plain
展示場所を区切る薄いカーテンはさながら文化や思想の壁を思わせる。会場内は警備員が巡回しピリピリとした緊張感が漂っていたがどこか平和な空気もあり、例えば平和の少女像の横に座り笑顔で写真を撮ってもらうおじさんなどが発生していた。私は普通に写真を撮った
f:id:kiwamono:20190811181230j:plain
なんかアウトドアっぽい素朴な椅子だなあと思った。スケベ椅子に座らせたらもっとわかりやすくなるのではないか?感想は以上。そもそも自分の世代(10代)はメディアに扇動されて韓国に対する嫌悪感を持つこともなくKーPOPだとか韓国グルメだとか素晴らしい韓国文化に触れて育ってきたので平和の少女像じたいには特に感じるものはない。「そういうことがあった」という事実を象徴するものとして存在しているということしか知らない。例えるなら広島平和資料記念館の被爆者像。単体では政治的イデオロギーを持たない。しかし今回の「表現の不自由展・その後」には狭い空間に多くの政治的な意図のある作品が展示されており、平和の少女像についても否応なく「これには政治的な主張があるのだろう」と思わせる印象があった。エログロがモチーフの作品も展示されていたら印象も違っていたかもしれないが・・・
f:id:kiwamono:20190811182654j:plain
これは暇だったのでコラージュで作った理想の会場の様子

というわけで微妙な展示だった。2chの政治スレを覗いてる感じがした。「過去にこんな表現規制があったんだ!」と言われてもイマイチ実感が持てない。そして別に左寄りの展示として尖ってるわけでもない。一方でネットでは「慰安婦像が展示されている!天皇燃やした!許さん!津田許さん!」というヘイト情報が拡散し憎悪の感情が高まっているという感じがする。これが今回のトリエンナーレのテーマの「情の時代」ですか? 少女像の作者キム・ウンソン氏は韓国紙京郷新聞に「日本の人たちの努力で正式な美術展に初めて展示することになった。美術界で(作品を)抱きとめて話をするということがありがたい」と載せた。展示会場にも韓国のメディアが来て報道していた。その結果がこれですか?どうしてこんなことになってしまったんですか?

そもそも日本人は現代美術の政治的な作品を鑑賞するリテラシーがない、というか現代美術がよくわからないのではないかと思った。そもそも日本に西洋的なアートという概念が輸入されたのは明治になってからのことで、それまで美術とはもっぱら絵画や彫刻や工芸品などを総称して指すものだった。なので西洋のアートの文脈は日本人からさっぱり抜け落ちており、だからこそ文脈など気にせず鑑賞できる印象派は日本で大人気なのである。そんなよくわからないアートなんかより歴史が古いのは漫画やアニメだ。日本のオタク的なアニメ文化に関しては敗戦によって断絶された日本文化を穴埋めすべくアメリカからもたらされた疑似的なものであると言われるが(東浩紀動物化するポストモダン」)、その中で扱われる「キャラクターに萌える」という要素は江戸の浮世絵から続く虚構を愛する伝統文化だし「美少女」に関しても歴史がある。村上隆も「日本における美術と大衆芸術の区別のなさ」をスーパーフラットって呼んでる。日本人にはアートの方が新参者でアニメの方がなじみ深いわけである。

「現代芸術かなり好きなので、昨今話題になる現代アートの周回遅れ感はどうもつらい。何をやってもデュシャンやウォーホルの焼き直し。その一方で仮面ライダージオウが平成の現代芸術として凄い事やったし、そもそもここ数年で最も現代芸術だったのってポプテピピックだし…」

「思うに、日本の場合はギャグ漫画がかなり現代芸術の役割を担ってるんだよね。」

アニメじゃん。アートじゃないじゃん。それはそう。現代美術というワードを「アニメより良いもの」として捉えているとアニメは現代美術に匹敵するものだと言い張る謎の主張に聞こえるが、西洋での現代美術の位置を日本ではアニメが果たしていると解釈すると納得できる。そして現代美術に対する文脈の理解のなさというのもここまで書いてきた通り日本は遅れていると書いてある。なるほどね。トリエンナーレ、アートの文脈の理解のなさ、そこまで踏まえてのツイートだったのである
f:id:kiwamono:20190811195603j:plain
ポプテピピックポップカルチャーとして見れる。シュールというワードも日本ではシュールレアリスムよりシュールギャグ漫画の方が先に出てくる。社会風刺も漫画やアニメでできてしまう。それはそれで素晴らしい事である。西洋で漫画文化が最先端をいかないように日本もまたアートで最先端をいくことはない。それでもまあいいのではないのかと思う。というわけでポプテピピックは最近で最も現代美術をやっていた。テコンダー朴は神漫画。おしまい