kiwamono's diary

テクノロジーによるシコティッシュの一覧

なごやトリエンナーレについて

(とりあえず概要を掴むべく記事を作りました。訂正するべき情報や追加すべき情報があればTwitter@technotissue のDMまでよろしくお願いします。今後も何か動き次第追加していくのでよろしくお願いします。)

なごやトリエンナーレとは
なごやトリエンナーレ(英名 Nagoya Triennale)は2019年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際「超」芸術祭である。1回目となる2019年は、国内外から4組以上のアーティストを迎え、国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する最先端の超芸術運動として開催されている。
www.nagoyatriennale.info


経緯
2019年8月1日開始となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展、「表現の不自由展・その後」*1に抗議が殺到しわずか3日間で展示が中止となる事件があった。が、別にそれには関係なくなごやトリエンナーレは水面下で動き出していた。「なごやトリエンナーレ」は外山恒一*2らの九州ファシスト党の芸術部門の「メインストリーム」などによる反アートの思想運動として企画されたものであり、表現の不自由展で展示されていた慰安婦像や昭和天皇の肖像などの政治的な作品に対してだけの反対ではなくもっと崇高で志の高い、ARTそのものに対するゲリラ運動である。アートとは本来アートのためだけに存在する。官主導で資本主義に回収され体制側になってしまった「似非」アートはアートの自由さを阻害し内側から腐敗させてしまっている。価値や値段や既存の形式、社会的文脈に押さえつけられている。

”日常生活に奉仕する芸術という枠組みのなか原理を放棄し、雇用関係を維持することを目的とする世界には、芸術と表現は存在していない。拝金主義に値札を貼られた追従笑いする侏儒のオブジェ、それが現在の芸術である。存在しないものを擁護・迫害することはできない。よってあれら騒動はお互いの言語空間における争奪戦、権力闘争に他ならない。原理なき権力闘争は無内容なので、「あいち」では何も起こっておらず、新しく生まれるものは何もなかった。”(金津嘉徳氏 美しき砂漠の原理 なごやトリエンナーレ*3より引用)

そのような体制に回収されたアートを解放するため政府や地方公共団体と結びついた美術展やアートイベントに対抗したり妨害したりするのが反アート運動である。それは世界各地で行われてきたものだ。そして今回、反アートの照準はあいちトリエンナーレに向けられた。


(*1 情報の時代
「表現の不自由展」は、どんな内容だったのか? 昭和天皇モチーフ作品の前には人だかりも《現地詳細ルポ》 | ハフポスト

(*2 政治結社「九州ファシスト党・我々団」創設者。政治活動家、革命家であり、ネットではニコニコ動画政見放送が有名。
外山恒一 - Wikipedia
外山恒一政見放送(2007年東京都知事選) - ニコニコ動画

(*3 美しき砂漠の原理 なごやトリエンナーレ|金津嘉徳|note




概要

開催目的
・新たな乾燥地帯の創造・拡張により、名古屋の砂漠化に貢献します。
・人民の内在・願望により、なごやトリエンナーレ名古屋市への具現化を図ります。
​・腸内活性化により、市内公衆便所の利用率を飛躍的に向上します。

テーマ
無上の時代

超芸術監督
​自由流襟座或(じゆうる・えりざある)

会期
2019年8月1日[木]-10月14日[月・祝]


行動・事件
7月31日、愛知芸術文化センターの前でなごやトリエンナーレによるゲリライベント「騒音の夕べ」が行われた。(ワゴン車で施設前の路上に乗りつけ大音量でノイズをまき散らすというパフォーマンス)
https://www.nagoyatriennale.info/pre-event

爆音ノイズだけではなくグラフィックスアートのパフォーマンスも行われたが、それに使っていた絵の具が美術館の敷地を汚したということで職員からふき取るように注意された。それに対するレスポンスとしてなごやトリエンナーレ実行委員会は8.2「表現の不自由展」粉砕行動声明文を発表する。

 ”去る7月31日、我々なごやトリエンナーレ実行委員会は、偉大なる我々の超芸術祭の口火を切るべく、プレイベント「騒音の夕べ」を遂行した。人々を偶像愛好のまどろみから覚醒させ、あらゆるアートをゴミとし、文字通り名古屋の砂漠化を目指す我々の超芸術祭の幕開けにふさわしいものであった。前衛を前衛する我々に対して、洞窟に住む未開人が石を投げつけることしかできないのは当然である。事実、愛知芸術文化センター(以下芸文センター)の職員は、敷地内での騒音散布を理由に「騒音の夕べ」を阻止しようとしてきた。注文はそれだけではとどまらず、あろうことか敷地上への絵具の僅かな飛沫の清掃までも要求してきたのである。敷地とはいえ、そこは多くの人々が行き交う屋外の歩道である。日頃から雑踏にさらされ、時には行儀のいただけない人民により飲食物が落とされることさえある。それらを許容しているにもかかわらず、coup d'États氏に絵具の飛沫を拭き取れと命じるのは、何ら正統性はなく、投石に等しい蛮行であると断言するに聊かの躊躇もない。”
www.nagoyatriennale.info

視点を切り替え床清掃をするように求められたことをあいちトリエンナーレの会場に入るためのチャンスだと思った「騒音の夕べ」のパフォーマーであるcoup d'État氏、室伏氏らは8月7日に清掃用具をもって、美術館内部に清掃作業を口実に乱入。床に持参したバケツで水をまくなどの妨害行動を開始した。まさしく連携である

なごやトリエンナーレスタッフらは「津田(芸術祭の芸術監督を務める津田大介氏)を出せ」などと叫び、その騒動の中で自称室伏良平氏はバケツに入った水をひっくり返し警察に水がかかりそれが悪質と判断されたのか自称室伏良平氏公務執行妨害で逮捕され拘留されてしまう。

”警察は当初から我々の分断を図ってきていた。それがいかなる意図のものなのかは、我々の関知するところではない。いずれにせよ、coup d'États氏と超現場監督がエレベーターに乗り込んだとき、大量の警官が割り込み、広報部員一人がロビーに取り残されることとなった。このとき、超現場監督は危機を察知した。現場に慣れない広報部員への「転び公妨」などの危険を感じ取ったのである。どこからともなく発せられた「それガソリンちゃうん?」という声に乗じ、彼は警官をひるませるために「ガソリンだ」と言いながらバケツの「液体」=DHMOを散布し、広報部員を救出すべく一歩踏み出した。だが、すぐさま警官に取り押さえられ、彼自身が逮捕されることになったのである。”
https://www.nagoyatriennale.info/8-7-seisou
(転び公妨→警察官などの捜査官が被疑者に公務執行妨害罪(公妨)や傷害罪などを巧みに適用して現行犯逮捕する行為)

警察がバケツの水かけただのかけられただので大真面目に対応してるの、シュール過ぎる
そういったくだらない罪なので通常48時間で怒られと共に釈放されるはずが名古屋東署の留置所に17日間も拘留されてしまった。視点を切り替えその留置所はなごやトリエンナーレ会場のひとつになった。その間作られた獄中通信『結束』はwebで全て公開されている。
https://www.nagoyatriennale.info/kessoku

その後略式起訴され罰金刑が発生した。(釈放後は某所にて釈放記念の会が開かれた。)その後メインストリーム×千坂恭二の反アートトークイベント「​アート・反アート・現在・たぬき」*4が9月7日に行われた。
【追記】10月13日にレプリティアン排外デモが行われた。レプリティアンに反対したりレタスに人権は無いなどのキャッチーかつ徹底して意味の無い様子には大いなる意味が存在していたように思える。また10月12日〜20日の期間で栄の書店Bibliomaniaにて「表現の萎縮展」が行われた。初日である12日は大型台風19号による強風で店を閉じざるを得ず展示を萎縮した。

(*4 https://www.nagoyatriennale.info/tanuki
なごやトリエンナーレ2019アート・反アート・現在・たぬき - Google ドキュメント



・「騒音の夕べ」はcoup d'États氏が主宰する「トラリー・プロジェクト」の一端である。coup d'États氏は、「民族の意志同盟」という政治団体の関西支部長でもあり「未来派」に関心を寄せている。未来派とはダダイズムに先んじて登場したイタリアの前衛芸術運動で、ファシズム運動との渾然一体ぶりで知られる。その未来派の一翼を担った「騒音音楽」を意識し、所有するトラックの荷台に大きなスピーカーを積んで、本拠地とする大阪の難波界隈の路上などに出撃し、大音量でひたすら“騒音”を撒き散らす「プロジェクト」をこの数年たびたび繰り返してきた。決してアートとして回収されるものではなく「前衛迷惑行為」として活動を続けている。(外山恒一氏の記事より一部引用)
メインストリームに詳細が載っている

・複製技術時代の超芸術監督
https://www.nagoyatriennale.info/hukuseikantoku


愛知県美術館を清掃したパフォーマンスについては日本前衛芸術の一つである赤瀬川原平らの「首都圏整理清掃促進運動」が元になっていると思われるが、それとは異なり服装指定はなく自由な服装で行われた。その後の自称室伏氏逮捕の流れはまるで赤瀬川原平の千円札裁判のようである。60~70年代のネオダダ周辺の前衛の炎が尽きず燃え続け、抑えきれなくなった熱がこの情の時代を破壊するべく吹き出しているかのように思える。保守的でアートにまるで理解のない名古屋でも、かつてはゼロ次元という前衛集団がおり、栄を集団で這いずり回ったり全裸でストリーキングしたりしていた。熱は未だ冷めていないのだ。今こそこれまでの価値基準を全て破壊し、根拠のないまぼろしの値段と生命維持され続けてきた似非芸術を根絶やしにし、名古屋を砂漠化するべきである。また公衆トイレの紙が無料になっても嬉しい。


参考
www.nagoyatriennale.info
note.mu
togetter.com
ironna.jp