kiwamono's diary

テクノロジーによるシコティッシュの一覧

男性の性的なまなざしが性的魅力のある女性に特権を与えていて、ズルい!という感情と献血

私は女性が嫌いだ。(いきなりのお気持ち表明)

正確には自分の性的な魅力を利用し、他人より生きやすく過ごしている女性が嫌いだ。

つまり自分が持っていない客体としての性的魅力を持ちそれを行使する女性に対して劣等感があるので、女性の売春を自分の中で認めない事で男女を平等にしたいというコンプレックスがあるのだ。年取ってチヤホヤされなくなったおばさんがチヤホヤされる女子アナを叩く構図に似ている。ここまで読んだ時点で結構共感できる人は多いのではないだろうか。

我々はそれぞれいろんな性別があり文化や宗教があり多様性がある…がそれらは決して社会の中で平等ではない。何か大きな神聖な概念があってそれを信仰する宗教がある国では自己を神と相対化したりできるし神の元で平等だという前提があるので何も問題がないが、現在の日本のように信仰が失われた国では個人個人が自分の容姿やコミュニケーション能力や何らかの才能で社会に絶対的に評価される。つまり「美人は勝ち組」「女の子を産みたい」「生まれが全て」という近年の風潮が出てくるわけだ。胸が大きい女性は胸が小さい女性より女性としての恩恵を得られる。顔がいい女性は顔が悪い女性より待遇がはるかに良く、周囲からの評価も良くなる。カーストも必然的に上位となる。男性の性的なまなざしが容姿のいい女性に特権を与えているのだ。これは性的魅力のない女性からすれば脅威だ。美人に特権を与えるまなざしとその元の性欲は邪魔なのでそれをなんとしても否定しようとする。そして現在のTwitterでは毎日なにかが炎上する。

 

みんな限界なのだ。毎日容姿が優れていないというだけで周囲から低い評価を受ける。異性には嫌悪され排除される。同性だって嫌悪し合う。自分の力ではどうしようもない外見の問題で人生ハードモードを強いられる。他人に助けてもらえないので他人を助けることがない。容姿が優れた人間の方が絶対に幸福なのが確定しているので、なにも無くても心の中はいつも空虚に染まる。いつだって自分の力で自分を癒し自分の力で自分を生かしていくしかない。みんな許せないのだ。容姿がいい人間は容姿がいいというだけで周囲から好かれる。異性には好かれ、生殖が有利となる。同性にも好かれ孤独になることがない。何もしなくても得られた才能の力で人生をいくらでも楽しくすることができる。他人に優しくしてもらえるので自分も他人に優しくする余裕ができる。どんなときも誰かに頼れる環境にいられるので精神が追い詰められることがない。特に女性で容姿がいい人間は男性に養ってもらうことができる(高度経済成長期で男性がモーレツに働いていた頃は普通だったが現在は容姿が優れた女性の特権と化している)。自分はこんなに苦しいのに?男性は風俗や水商売で生きていくのが難しいのに女性はそれらをセーフティネットとして生きていくことができる。女性だって性的魅力を利用せずに男性社会の中でキツイ仕事をするようにならなきゃ不平等ではないか。 …ん?なんだこの献血ポスターは!胸が強調されていてえっちだ!えっちなのは許せない、何故ならえっちな女性は私達より恩恵を受けているからだ!そしてそんなえっちなものを許す男性はキモい!性的なまなざしをやめろ!権利侵害だ!女性を客体とする性的なイメージは公共の場に出すことを許さない!ムキーーーーー!

という雰囲気を感じている。

それを踏まえて描いた炎上しないver

f:id:kiwamono:20191019203538j:image

f:id:kiwamono:20191019204231j:image

これでいいのか?